労働基準監督署が書類送検!パチンコ関連『竹屋』(梁川誠市容疑者)、厚生労働省がプレスリリース

 

先日より本報道局が取り上げている「竹屋」(梁川誠市社長)による残業代不払い事件について、厚生労働省がプレスリリースを発信していることがわかった。

公式サイトに掲載されているものだが、発見しにくい場所にあるので、読者の参考のため、『ぶられぽ.com』に転載する。

竹屋では、社内に社員監視用の監視カメラが設置される、残業申告をすると梁川誠市社長に恫喝されるなど、深刻な労務問題が発生している。

 

残業申告で恫喝の「竹屋」(梁川誠市社長)、ついに書類送検!

容疑者

  1. 株式会社 竹屋
  2. 株式会社 竹屋 代表取締役 梁川誠市(58歳)

違反条文

  • 労働基準法 第37条1項
  • 労働基準法 第119条
  • 労働基準法 第121条

事件の概要

容疑者は、所在地に本店を設けて、パチンコ設備等の製造販売の事業を営んでいるが、同社の労働者1名に対する平成28年1月分から平成28年4月分までの時間外手当の一部82,525円を、それぞれ所定期日に支払わなかった疑い。

 

※容疑者代表取締役の氏名は、本プレスリリース発行時点における情報である。

 

あわせて読みたい

残業申告すると「恫喝」「監視カメラ設置」の「竹屋」とは